スッキリ隊

書類・文書・図面スキャニングサービス

テレワークの課題と解決方法 《その2》

約 2 分
テレワークの課題と解決方法 《その2》

■テレワークの課題と解決案(その2)

 残存課題を具体的に圧縮するために、もう少し課題を分割してみましょう。
 全ての事業所に言えますが、この残存課題は二つに分けることができます。

【画像1】

C.過去発生した紙文書
 すでに発生した過去の紙文書で、加筆や変更の可能性が少ないものは、できるだけ早い時期に電子化することでテレワークのリスクを少なくする事ができます。

D.未来発生する紙文書
 加筆や変更の可能性が高い間は紙で運用しますが、いずれ閲覧のみの利用になります。その時点で電子化すれば、テレワークでもアクセス可能な電子文書にすることができます。

 このように、ペーパーレスで完結できない業務でも、一部を除けばほとんどのプロセスが電子化することが可能になります。つまりテレワークで対応できるエリアを広げることができます。

(その3)では、この課題の具体的な解決法を紹介します。

スッキリ隊に関するお問い合わせ

サービスに関するご質問、お見積もりのご依頼・ご相談は、
お電話または、フォームでお気軽にお問い合わせください。

株式会社ユウトハンズ 担当:小野・小澤
03-5489-8088