スッキリ隊

書類・文書・図面スキャニングサービス

あると便利なOCR情報!

約 3 分
あると便利なOCR情報!

OCRって何?

スキャニングについて調べていると「OCR(オーシーアール)」というワードを見聞きすることがあるかもしれません。「OCR」とはいったい何でしょうか?

英語でいうと「Optical Character Recognition」。
日本語でいうと「光学的文字認識」。

簡単にいうと、スキャニングなどで画像として取り込まれた文字の上に、見えないテキスト情報を付与することです。OCRがないとただの画像。OCR情報を付与することで文字の抽出や編集、文字の検索が可能になるのです。そして文書管理的な観点でみたとき、「文字の検索ができる」というのは、非常に大きな意味を持ちます。つまり、探しものにかかる時間が削減できる優れモノです。

OCRを付与する方法

スキャニングした文書データにOCRを付与する方法はいくつかあります。一つは、スキャナーの機能を使って、画像読み取りと同時にOCRを付与していく方法。スッキリ隊での無料付与は、基本的にこの方法になります。

また、OCRソフトを使って後付け付与もできます。後付けでOCRを付与するとき、スッキリ隊はアドビ社の「Acrobat」を使用しています。Panasonicの「読取革命」やメディアドライブの「e.Typist」あたりもメジャーです。また精度は不明ですが最近は無料のソフトもあるようです。

OCRの読み取り精度

便利なOCRですが、残念ながら読み取り精度は100%ではありません。背景と被っている文字、飾り文字、罫線との距離が近い文字、小さな文字、複雑な文字などは読み取り精度が低下しがちです。弊社で作業した中で精度が低いなと感じたのも、やはり広告の多い新聞や間隔の狭い表組みの書類などでした。

また、手書き文字も苦手としますが、フォーマットが決まっている帳票などは手書きであっても、手書き帳票用のOCRソフトを使って認識精度を上げることができるようです。

ユウトハンズのスキャニングはOCR無料付与です。書類の電子化をご検討の際は、ぜひこちらまでお問い合わせください。

OCRの精度をあげることは、ちょっとした工夫でできます。道具(スキャナやソフト)の選び方や使い方、原稿の工夫などで、認識精度が飛躍的に向上させることもできます。スッキリ隊はスキャニングのプロです。お気軽にご相談ください。

スキャナの種類について

スキャニングのカラーモードってどうやって決める?

スッキリ隊に関するお問い合わせ

サービスに関するご質問、お見積もりのご依頼・ご相談は、
お電話または、フォームでお気軽にお問い合わせください。

株式会社ユウトハンズ 担当:石岡
03-5489-8088